外国人就労サポート@札幌|無料相談実施中!返金保証あり

外国人就労サポート@札幌

【対応地域】北海道全域  運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

外国人お手伝いさんは外国人材を呼び込みそして女性の活躍を後押しする? 

こんにちは
行政書士の蛯原です。

お手伝いさんは外国人、そんな家庭が日本で
出始めたとNIKKEI STYLEでは伝えています。

これは東京都、大阪市、神奈川県など政府が
「特区」と決めた地域限定ですが料理や洗濯
などの家事を外国人に行ってもらうものです。

日本は外国人労働者の受け入れにとても慎重
な国なので、規制緩和の初期段階と思われま
す。

政府はこれで「女性の活躍を後押しする」と
言っています。

その理由は働く女性が増え、共働き家庭は専
業主婦家庭の2倍近くになっているのが現状の
ようで、家事サービスを利用してもらい家事
に費やす労力と時間を家庭外の仕事に向けら
れるとの考えからです。

日本人が日本人の家事を助けるサービスもあ
るのに、なぜ海外からお手伝いさんに来ても
らうのか疑問思う方もおられると思います。

一つは人手不足への備え、もう一つは日本に
外国人をもっと呼び込むためだそうで、東京
都は「金融などの高い知識をもった人に海外
から来てもらうにはフィリピン人のように英
語ができる家事労働者が必要」と考えていま
す。

世界では外国人のお手伝いさんは珍しくなく
国際労働機関の推計では、世界に約4400万人
の女性家事労働者がいるようです。

多くは住み込みで介護なども担っていてイタ
リアやスペインでは不法就労が多く、低賃金
や虐待が問題になっているようです。

日本の特区は「日本人と同等以上の給料」を
払う決まりなので、格安で使うことはできま
せん。

人材大手パソナに所属するフィリピン人の方
は「日本は安全で働くのには魅力的。仕事が
終わった後はプライベートな時間が持てるの
もうれしい」と話しているそうです。

実際に同社がフィリピンで募集すると3日間
で約3500人から問い合わせがあったそうです。

ただ同社のサービスは1回2時間、月2回で1万
円で、高所得者以外にも利用が広がるかは未
知数のようです。

より多くの女性が働きやすくするには、むし
ろ家事の「分担」が重要で、夫がもっと家事
を担うことも「女性活躍」には欠かせないよ
うです。

世界では外国人家事労働者の低賃金や虐待が
問題になっています。

日本ではこうした問題は起きないのか?

海外では各家庭が直接雇用し住み込みで休み
もとらずに長時間労働をすることが多いよう
です。

密室のため虐待があってもわかりません。

不法就労も多く、社会保障への加入もないま
ま、低賃金で働いているようです。

その点、日本の特区は良い制度設計のようで
外国人家事労働者が家庭と直接契約するので
はなく仲介する事業者が外国人家事労働者を
雇う形になっているため、事業者を監督すれ
ば良く、労働者の人権が守りやすいようです。

ただ今後、全国展開になると悪質な事業者も
出てくると思われます。

また、日本は公的な介護サービスを縮小する
一方、女性の就労を促進しようとしています。

その結果、家庭内での介護需要が増え、家事
労働者を使って介護をさせようと考える人が
出てくる可能性は否定できません。

全国展開された後がこの制度の正念場と言え
そうです。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top