外国人就労サポート@札幌|無料相談実施中!返金保証あり

外国人就労サポート@札幌

【対応地域】北海道全域  運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

訪日外国人観光客で大阪の百貨店が活況!? その理由は?

こんにちは
行政書士の蛯原です。

大阪・阿倍野区にある近鉄百貨店「あべのハルカス」

大阪に住んでおられる方はご存知だと思います。

この「あべのハルカス」は2014年に開業した商業施
設で今現在、日本で最も高いビルになります。

今この「あべのハルカス」が中国人観光客で活況だと
東洋経済オンラインが伝えています。

近鉄百貨店「あべのハルカス近鉄本店」はスーツケー
スを抱えた訪日観光客でにぎわっていて、化粧品売り
場の仮設レジでは、家庭用や土産をまとめ買いする中
国人が長蛇の列を成している活況ぶりだそうです。

近鉄本店では化粧品や子供服が牽引し、今年6月の免
税売上高が前年同月比で約5倍にハネ上がったようで
店舗全体の売上高も、同15%の大幅増となっています。

副店長は「訪日客の9割は中国本土からのお客様で旅行
会社との連携など、集客の仕組みを整えたことが好調
の要因」だとみています。

近鉄は中国を中心に海外6カ国、90の旅行会社と組み、
旅行商品を開発。ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
とも相互送客や共同マーケティングに取り組んだ施策
が実を結んだようです。

開業当初は年間4740万人の入館者数目標に及ばず、中
核の百貨店は低空飛行を続けていたようです。

しかし、改装を進め「無印良品」の誘致など試行錯誤
を続けていたところに、訪日観光客の追い風が吹いた
そうです。

活況なのは「あべのハルカス」だけではなく髙島屋大
阪店や阪急うめだ本店も軒並み前年超えの好調が続い
ていて大阪地区全体で売り上げが伸びているようです。

では、何故大阪が好調なのか?

各店の担当者は、格安航空会社(LCC)を利用する客
の増加が要因だとみています。

関西国際空港(関空)では2014年夏ごろからアジア
圏からの航空便が徐々に増加し、2017年1月末には
LCC専用だった第2ターミナルビルを拡張し、国際線
の乗り入れも増やしています。

関空の旅客の6割以上が外国人で、ほかの空港に比べ
ても突出して多く、国際線旅客数は、開港以来の最
高水準を更新し続けているようです。

こうした恩恵を最も受けるのが、大阪市内の玄関口の
難波周辺で、ここは訪日観光客にとって、空港から1
時間足らずとアクセスが良く、深夜まで観光客でにぎ
わうエリアです。

高級ブランドや家電製品など、高額品が中心だった
「爆買いバブル」は2016年半ばに失速したが、今度
は客数の増加によって、免税売上高が回復している
ようです。

好調の難波周辺も以前と様相は異なっているようで、
最近では化粧品や食品などの消耗品が人気のようで
す。

一方で、大阪の百貨店を悩ませるのは訪日観光客と
日本人客との共存のようです。

店側は接客カウンターを日本人客と外国人客で分け
ているようで、上層階にサテライト売り場を構築す
るなど、売り場を分散させる対応を進めてきたよう
です。

だが日本人客からは、化粧品売り場などで「混雑し
すぎてゆっくり買い物ができない」といった声が多
く寄せられているようです。

訪日観光客のリピーターを確保しつつ、日本人客に
も満足してもらうことが、つねに課題としてあるよ
うです。

活況に沸く大阪ですが、いずれの百貨店も「急回復
が続くのは年内まで」と冷静にみていて、移ろいや
すい訪日観光客の消費を取り込みつつ、日本人客に
も受け入れられる店作りを実現できるかがカギにな
るようです。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top