外国人就労サポート@札幌|無料相談実施中!返金保証あり

外国人就労サポート@札幌

【対応地域】北海道全域  運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

これから、どのように日本は外国人の受け入れを拡大していくべきか?

こんにちは
行政書士の蛯原です。

外国人が活躍できる社会の構築は
日本の経済活性化や人手不足への
対応などの観点から重要な課題に
なっています。

ただ、どんな人材をどう受け入れ
るかはコンセンサスがなく、日本
の政策も曖昧なままです。

日経新聞では今後、どんな対応が
必要か伝えています。

「定住の道示し共生探れ」

欧米の反移民ムードの高まりを見
て、日本は外国人を安易に受け入
れるべきでないとの声もあります。

日本国際交流センター執行理事の
方は言います。

日本人だけで社会が維持できれば
それにこしたことはない。しかし
人口は今後加速度的に減る。

介護士不足は深刻化し、仕事はあ
るのに人手不足で会社がつぶれる
例も目立ってきていて、地方を回
っても人口減や高齢化でお茶やリ
ンゴづくりができなくなったとい
った話もあるとのこと。

外国人の受け入れはやり方次第で
成功も失敗もする。

多文化共生の仕組みをどうつくる
かがカギだが日本の自治体でも在
住外国人を支援する活動を通じて
一定の経験を持っているところは
少なくない。

経験をもとに自治体や市民団体が
協力して受け入れ体制を整えるこ
とは可能だといいます。

そして日本国際交流センターは
「技能外国人安定雇用制度」の
創設を提言しています。

その理由としては

現在の技能実習制度の矛盾を解決
する一つの方策として示したもの
だそうで、国際協力が目的なのに
実態は安い外国人労働力を利用す
る制度として使われており、法令
違反の例も多いとのこと。

人口減少と労働力不足が今後加速
することを考えれば、一時的な労
働者でなく、日本に定住する道ま
で考えた安定的な受け入れの仕組
みが必要だそうです。

提言では、新しい法律のもとで更
新可能な『特定技能』という在留
資格をつくり、制度を運営する技
能外国人庁の創設を求めたどうで
制度の柱の一つは日本人の雇用を
奪わないよう労働市場テストを実
施することだそうです。

「外国人が日本に残って働き続け
る道筋を具体的にどう考えるか?」

関係の良い東南アジアの国々をま
ずターゲットに、日本が求める職
種に応じた学歴や職歴を持つ人を
対象に5年など年数を限って段階
的に受け入れる。

最低限の日本語の能力も資格取得
の条件とし、在留資格を5年更新
することを可能にし、その後の永
住への道を開くとのこと。

資格更新の条件として日本語能力
の向上を求めるのも一つの方法で
社会で活躍するには語学力が必要
だからだそうです。

ドイツは一定の条件を満たさない
外国人居住者に600時間のドイツ
語学習を義務付けているが、同様
の対応も必要で、それには日本語
教育の体制拡充が不可欠だといい
ます。

日本に住み続ける道が開ければ、
外国人は職業技能や日本語の習得
に努力し、雇用主も訓練に力を入
れるだろう。

技能実習制度をなし崩し的に拡大
するやり方では、日本に溶け込め
ない外国人ばかりが増えることに
なるとのこと。

「コストがかかる教育や社会保障
はどうするか?」

働く外国人への日本語教育に加え、
彼らの子どもたちの教育にも力を
注ぐべきだそうで、今は外国人が
住み続けることはないという前提
なので、不登校の子どもの数の把
握なども十分にできていない。

社会保障を受ける権利は当然ある
し、多言語での医療サービスの提
供も重要になる。

コストはかかるが、外国人は一方
で税金や保険料は支払います。

政府が移民政策をタブー視するな
かで、中途半端に外国人が受け入
れられているところが問題で不法
残留者も増えていると理事はいい
ます。

受け入れ体制をつくらなければ移
民問題が起きないのではなく今の
ままでは裏口から入る外国人が増
えるだけで、日本として望ましい
外国人材を受け入れる正規の枠づ
くりを急ぐべきだそうです。

今はまだ日本に来たいというアジ
アの人たちはいるが、そんな状況
はいつまでも続かないと理事は予
想しています。

現に中国人の技能実習生は減って
いる。自国の所得水準が上がって
いるからだそうです。

来てほしい人材を選べる余地があ
る間に受け入れの仕組みを整える
必要がありそうです。

外国人を単なる労働力と見るのも
間違いで、新たな発想で日本の閉
塞感を打ち破る役割も果たす。

過疎化が進めば伝統文化もなくな
るが、そこに価値を見いだして支
える新しい担い手になってくれる
のも外国の人たちだと理事はいい
ます。

日本の外国人受け入れに関する政
策はこれからどんどん進んで行く
と思われますが施行までのスピー
ド要求されています。

理事の方が言うように日本に来た
い外国人がいなくなればどんなに
良い政策や法案を打ち出しても意
味がありませんから。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top