札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

先月から日本の学校に留学している外国人です。銀行口座を開設したいのですが・・・

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

わたしたちは生活の中で当たり前のようにお
金を自分の銀行口座から出金したりまた勤め
先から給料を入金してもらったりと銀行口座
は生活上なくてはならないものです。

わたしたち日本人が日本の銀行口座を開設す
るとき身分証明書や印鑑などが必要ですが簡
単に開設することができます。

しかし日本に留学して間もない外国人の方々
は口座を開設したいと思っても日本人のよう
には行かないようです。

《日本に来てから6ヶ月経過している?》

「留学生」または「ワーキングホリデー」
の在留資格で来日した外国人の方々は6ヶ月
以上経過しない限り外為法による非居住者
の扱いとなり銀行口座を開設することがで
きません。

外為法とは正確には外国為替及び外国貿易法
といいます。

この法律の中で外国人は原則としてその住所
又は居所において本邦に有しないものと推定
し非居住者として扱うとあります。

しかし例外として次にあげる者はその住所又
はい居所を本邦内に有するものと推定し居住
者として扱うとあります。

・本邦に入国後6ヶ月以上経過するに至った者
・本邦内にある事務所に勤務する者

これらの条件を満たしていれば銀行口座を開設
することができます。

なぜこうのような法律があるのか?
それはマネーロンダリング等の犯罪使われない
ようにするためです。

なんだ6が月が経過しないダメなのか・・・・
と諦めている外国人の方にGood Newsがあります。

なんと6が月が経過していなくても口座こ開設で
きるところがあるのです!

それは・・・「郵便局」です。

郵便局は6が月が経過していなくても口座を開設
することができます。

なので資格外活動の許可を得た留学生がバイトし
そのバイト代を口座へ振り込んでもらこともでき
ますしバイト代を下ろすことができます。

しかし海外の両親から生活費を振り込んでもらっ
たり日本からの送金などはできません。

これもやはり犯罪防止の観点からの処置です。

ですので両親からの送金や日本から送金が可能に
なるのは6ヶ月後、手続きを行ってからになります。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top