札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

入管手続きで身元保証人を求められました。保証人にはどんな責任がありますか?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

外国人がビザの許可を得る手続きの
中で身元保証書の提出を求められる
ことがあります。

外国人がこれから日本で在留しよう
とする場合その外国人がどのような
人物なのかわりません。

そこで身元保証人を立てることで
外国人への信用を担保し入国、
在留許可を得やすくすることができ
ます。

身元保証人がしっかりしていればそ
の保証人を入国管理局が信頼して
入国や在留が許可されることになり
ます。

一方で身元保証人がいない場合、
または身元保証人の責任能力が
不足している場合は入国、在留
が許可されないこともあります。

身元保証書を提出する際、身元
保証人の収入や資産を証明する
資料の提出を求め保証人となる
方を確認し外国人に入国、在留
を判断します。

ただし一定額以上の収入や資産
が必要かというとそうではあり
ません。

あくまでも日本での生活に不安
がある外国人の面倒を見ること
ができれば日本人でも在日外国
人を問わず誰でも身元保証人に
なれます。

身元保証人となった方は外国人
が入国、在留が許可された後、
自己都合で一方的に別の人に保
証人を交換してもらったり、
あるいは保証人を辞退して保障
を撤回したりすることはできま
せん。

もっとも、外国人が長期間在留
している間、やむをえない事情
で身元保証を続けられない場合
や身元保証人に引き続き保証さ
せることが適当でなくなった
場合はこの限りではありません。

それでは失礼致します。

Return Top