札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

オーバーステイ中の外国人です。通常の手続きで出国はできますか?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本でビザ(在留資格)を得て活動して
いた外国人が在留期間の更新手続きを怠
り更新しなかった場合、オーバーステイ
となり不法残留となります。

オーバーステイ状態の外国人が出国しよ
うとするときはすでに退去強制事由に該
当しているのでそのまま出国ることはで
きません。

出国手続きの際、すでに在留期間が満了
している場合、不法残留している期間が
ごく短期間で悪意がないと認められれば
救済処置を講じてもらえることもありま
す。

しかし、原則は不法残留していることに
なるため強制退去事由に該当します。

出国命令対象者であれば出国命令により、
退去強制対象者であれば退去強制手続き
により退去強制となります。

対象である外国人は手続きが終わるまで
出国できませんので航空チケットなどあ
らかじめ購入してあったとしてもその便
に搭乗できない可能性があります。

最終的には在留期間内、オーバーステイ
状態でも出国することはできます。

しかし出国命令により出国した場合は
1年間、退去強制により出向した
場合は5年間また10年間、上陸拒
否事由に該当しますので日本への上陸は
認められません。

あらかじめ悪意で不法に在留あるいは
オーバーステイしていた外国人は別と
して在留資格を得て活動している外国人
が出国しようとする場合、出国予定日は
在留期間内にあるのか?ないのか?をし
っかりと確認してください。

もし出国予定日が在留期間外であれば
在留期間の更新を申請し許可を得てか
ら出国するようにしてください。

くれぐれも不法残留しないように注意
してください。

それでは失礼致します。

Return Top