札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

退去強制となる外国人は処罰されない?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本に不法に入国、残留、在留資格外
の活動などに該当した外国人に対して
は退去強制の手続きが進められます。

退去強制の下記に流れで行われます。

入国警備官の違反調査

外国人に容疑あり

収容

入国審査官へ引き渡し

入国審査官の違反審査

退去強制対象者と認定

退去強制

外国人に対する退去強制は
出入国管理及び難民認定法略して
入管法に基づいて行われる処分です。

外国人の身体を拘束する直接強制を
伴うとても厳しい処分ですが入国
管理局(行政庁)によって行われる
処分ですので行政処分になります。

刑事処分(罰則)ではありません。

しかし入管法には罰則が定められて
いますので入管法に違反した外国人
には罰則が適用され、刑事手続きに
よって処罰されることがあります。

外国人の違反行為に対しては刑事
手続きと退去強制手続き(行政処分)
は同時に別々の処分として進められ
ます。

行政処分である退去強制と刑事処分で
ある罰則は全く別の処分ですのでどち
らかの処分が行われたからもう一方の
処分は行われないという事はありません。

また、外国人が窃盗により懲役刑に
処された場合はどうなるでしょうか?

懲役刑に処された外国人は刑期を終え
出所した後、退去強制となると思われ
ます。

それでは失礼致します。

Return Top