札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

上司から日本支社への移動を言われました。どうしたら良いでしょう。

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

海外の企業が日本に進出し日本に支店を
作るまたは日本の企業が海外に進出し海外
に支店を作る。

グローバル化が進んでいる現在では外国人
日本人問わず転勤による外国へ駐在する
機会が増えていと思います。

転勤とは同一企業内でに移動が通常ですが
系列企業内の移動も含まれます。

自国の本店、支店に勤務している外国人が日本
本店、支店への転勤する場合のチェックポイント
をお伝えします。

≪勤務期間≫

転勤しようとする外国人の勤務している期間が
重要です。

企業内転勤の在留資格は学歴や実務経験の
要件があるわけではありませんが転勤の直前
に外国にある本店、支店、その他事業所で
1年以上継続して勤務していることが必要です。

≪技術・人文知識・国際業務の業務に従事≫

転勤しようとする外国人は
『技術・人文知識・国際業務』に該当する
業務に従事していることが必要です。

単純労働などに従事する外国人は企業内転勤
での在留資格を受けることはできません。

≪日本人と同等の報酬≫

転勤しようとする外国人は日本人が受ける報酬の
同等以上の報酬を受ける必要があります。

海外展開している企業で日本の本店または支店
が急遽、即戦力な人材が必要になった場合など
は企業内転勤を考えてみてはいかがでしょうか。

それでは失礼いたします。

Return Top