札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

就労ビザの代表選手 後編

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

今回は就労ビザの代表選手 その1後編と
題して前編ではお伝えできなかったことを
お伝えしたいと思います。

『技術・人文知識・国際業務』の就労ビザを
取得するために必要な条件などを主に
お伝えいました。

この必要な条件は就労ビザを取得する為に
最低限必要なことですので条件を満たして
いるから就労ビザが取得できるできるもの
ではありません。

あくまでも条件を含め総合的に審査されます。

例えば

『会社の規模が小さい会社は就労ビザの取得は
出来ないのか?』

とか

『派遣社員は就労ビザを取得できるか?』

などです。

まず
『会社の規模が小さい会社は就労ビザの取得は
出来ないのか?』

会社の規模が大きくても赤字続きで存続が
難しい会社もありますしその一方で会社の
規模が小さくても収益があり将来性がある
会社はたくさんあります。

就労ビザが取得に重要なことは
【安定性】と【継続性】です。

これは何で審査されるかというと
決算報告書になります。

ただ新規で立ち上げた会社の場合は
決算報告書がありませんので
事業計画書でアピールすることで
就労ビザ取得することになります。

また決算報告書の内容がよくない
場合は取得できないかというと
そうではありません。

この場合は事業計画書でこれから
の会社の経営展開をアピールする
ことで就労ビザを取得できる可能性
はあります。

何より重要なのは外国人の職務内容と
学歴が合致していることです。

合致していなければ就労ビザを
取得できることは出来ません。

最も注意して頂きたいポイントです。

そして
『派遣社員は就労ビザを取得できるか?』

ですが取得は可能です。
派遣元会社の【安定性】と【継続性】
が審査されます。

また派遣先で行う業務が在留資格に
合致していることが重要ですので
注意してください。

いかかでしたか?

『技術・人文知識・国際業務』の就労ビザを
取得する際に注意して頂きたい点をお伝えしました。

あなたの会社で就労ビザを取得する際の
参考にして頂けたら幸いです。

失礼致します。

Return Top