札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

就労ビザの代表選手 前編

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

今回は就労ビザの代表選手 その1前編と
題して『技術・人文知識・国際業務』
のビザ(在留資格)についてお伝えしたいと思います。

この『技術・人文知識・国際業務』の
ビザは外国人が専門知識を活かして
活躍してもらう在留資格になります。

代表的な職種を上げますと
通訳、デザイナー、機械などの
エンジニアなどが該当します。

大学や専門学校を卒業し
専門知識を活かしたい外国人が
取得できる在留資格です。

この就労ビザは会社と雇い入れる
外国人との雇用契約を交わした後
の申請となります。

外国人が個人で申請できるもの
ではありませんのでご注意ください。

次に取得する為に必要な条件を
お伝えします。

1、仕事内容と専門知識の関連

専門性の職種といっても数多くあります。

外国人が大学や専門学校で専攻し勉強
したことをどう業務に活かせるのかどうか?
ということが審査の対象となります。

しっかりと専門知識と業務の
関連性を説明しなければなりません。

2、学歴と職歴

外国人に専門知識がありますという
証明をしなければなりません。

なので学校の卒業証明書や成績証明書
などが必要となります。

この証明書でも業務との関連性を証明する
ことになります。

また学歴がない人は実務経験が必要に
なります。

ほとんどの職種で10年という実務経験
が必要になってきます。

そして実務経験も在職証明書で証明しな
ければなりませんので注意が必要です。

3、会社と外国人との契約

会社と外国人の間に契約が交わされて
いるかが審査されます。

通常の契約は雇用契約であり雇用契約書で
証明することになります。

4、会社の経営状況

会社の経営状況が健全かどうか?
が審査されます。

経営状況が悪い会社はビザは取得できないか?
というとそうではありませんが審査は
厳しくなります。

この場合、事業計画書などで将来の収益
など説明することで審査をクリアする
こととなります。

5、給与水準

日本人社員と外国人は同等の給与
水準でなければなりません。

6、外国人に前科がない

不良外国人を日本に入れたくない考えは
日本国民のみならず入国管理局も同じです。

外国人が警察に捕まった過去が
あれば注意が必要です。

いかかでしたか?

あなたの会社で外国人を雇用する
際の参考にして頂けたらと思います。

それでは失礼します。

Return Top