札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

外国人を雇用します。届出など必要ですか?その1

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

会社が外国人を雇用する場合、就労ビザ
(在留資格)を取得しなければなりません。

これは外国人が会社に就労するために必要
なものです。

無事、外国人が就労ビザを取得し、会社に
正社員として就労してからも行わなければ
ならないことがあります。

それは入国管理局へ雇用した外国人に関す
る情報を届けることです。

会社が次に上げることを行った場合は14
日以内
に入国管理局に届け出なければなり
ません。

・外国人を新しく雇用した。
・外国人を役員に就任させた。
・外国人が会社を退職した。
・会社が外国人を解雇した。

注意して頂きたいのが会社が届出を怠ると
入国管理局は会社に対する印象を悪くしま
す。

経営者の方は十分承知していることだと思
いますが約束を守れない会社は社会的に信
用されません。

それは会社対お客様や会社対会社だけでは
なく対行政も同じことです。

今後、新しく外国人を雇用とする場合、入
国管理局の審査を再度受ける際、審査が厳
しくなることも考えられます。

就労ビザ取得に注力を注ぎ取得後は気が抜け
て届出を失念することも考えられますので十
分に注意していただきたいと思います。

会社の人事担当者または社員を管理している
担当者の方は外国人の情報を管理することを
お勧め致します。

実務上管理に必要な情報は外国人が所持して
いる在留カードの内容です。

この在留カードはコピーをして何時でも担当
者が確認できるようにしておくのが良いかと
思います。

それでは失礼いたします。

Return Top