札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

新たな在留資格で技能実習制度に変化が! 技能実習後も就労可能になる!?

こんにちは
行政書士の蛯原です。

日本政府は2019年4月にも外国人労働者向けに新
たな在留資格を作るようです。

これは4月11日の日経新聞電子版で伝えられてたもの
で、この新たな在留資格は最長5年間の技能実習を修
了した外国人に、さらに最長で5年間、就労できる資
格を与えるものです。

また試験制度を設け、試験に合格した外国人には家族
を日本に招いたり、より長く国内で働いたりできる資
格に移行できるよう優遇処置がとられるようです。

現状、実習生は通常実習期間5年で帰国しなければなり
ませんが、新たな在留資格ができることで外国人材が
引き続き日本で働くことができます。

日本政府は本年度秋の臨時国会にも入国管理法改正案
を提出し、来年4月にも新制度を始める方針のようで
す。

人手不足対策として外国人労働者受入れに日本はやっ
と本腰を入れるようです。

1、現在の技能実習制度とは?

技能実習制度は日本の技術を発展途上にある国の外国
人に伝え、その身につけた技術を母国の経済発展のた
めに役立てて、もらう制度です。

なので、実習期間満了後は実習生は母国へ帰国するの
が前提の制度です。

この技能実習制度は平成28年に改正されたばかりで、
改正に伴い「外国人技能実習機構」という、法人も設
立されました。

改正前は一部の監理団体で実習生が劣悪な環境で実習
を受けることがあり、日本の技能実習制度は世界各国
から現代の奴隷制度などと揶揄されるほどでした。

これを重く見た日本政府は改正に踏み切ったようです。

現在、技能実習対象職種は77職種137作業で外国人は
原則、最長5年の実習期間で技術を習得することにな
ります。

2、新しい在留資格ができると、どう変わる?

新設する資格は「特定技能(仮称)」になるようで、
17年10月末時点で25万人いる技能実習生がさら
に最長5年間、就労できるようになります。

技能実習期間と新設する資格とあわせれば通算で最長
10年間、日本で働き続けることができます。

ただ、新資格取得には一定期間、母国に帰って、再来
日した後になるようです。

理由としては外国人の永住権取得の要件の一つに「引
き続き10年以上の在留」がありますので、いったん帰
国してもらい、技能実習と新資格で通算10年を過ごし
ても直ちに永住権取得の要件に該当しないようにする
ためです。

新資格の保有者は、より専門性が高い在留資格に変更
できるようになり、専門技能を問う試験に合格すれば
海外の家族の受け入れや、在留期間の更新ができる既
存の在留資格に切り替えられるようになります。

そして、日本政府は外国人労働者をさらに増やすため
実習修了者と同程度の技能を持つ人にも新資格を付与
する方針のようで、既に実習を終えて帰国した外国人
も対象になる見通しで、経験豊かな労働者を確保する
狙いがあるようです。

3、実習生が日本の救世主になる?

日本国内では25年度に介護職員が約38万人不足する見
込みです。

農業人口はこの10年で約4割減り、人手不足が深刻
です。

もし、技能実習生の多くが新資格に移行すれば、長期
間、国内の労働力になります。

アジア各国の賃金上昇で外国人労働者の獲得は難しくな
っていますが、人材獲得競争にもプラスに働くと日本政
府は見ているようです。

現在、日本の労働力人口は約6600万人です。

17年10月末時点の外国人労働者数は技能実習生の増
加などが影響し127万人と過去最高を更新しました。

これは労働者の50人に1人は外国人が担う状況になり
ます。

しかし、日本政府はさらに外国人労働者を増やす方針で
今の日本の労働者不足がかなり深刻な問題だと窺い知る
ことができますね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
      無料相談を実施中!

ビザ取得にお悩みの方や取得出来るか不安の方は
HPからメール又はお電話にてご相談ください

ご相談はコチラから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
当事務所では外国人雇用で重要なポイントをわかり
やすく解説したレポートを無料でプレゼントしています。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。

レポート請求はコチラから
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それでは失礼いたします。

Return Top