札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

外国人の調理師を雇いたい 前編

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

今回は外国人の調理師のビザ
についてお伝えしたいと思います。

日本には色々な国のレストランが
あります。

中華料理、韓国料理、インド料理
タイ料理、ベトナム料理などなど。

わざわざ外国に行かなくても日本に
いながら現地外国人の調理師が作った
本場の味を楽しむことはが出来るのは
わたし達にとって喜ばしいことです。

ただ外国人調理師が日本で働くためには
就労ビザの『技能ビザ』を取得する必要
があります。

この『技能ビザ』は【熟練した技能】を
持った外国人が取得できるビザになります。

『技能ビザ』は職歴が審査の対象
ですので学歴は関係ありません。

それでは取得するためのポイントを
お伝えします。

≪10年の実務経験があること≫

外国人調理師の方に10年の実務経験が
あることが必要になります。

調理を学ぶために専門学校に通学していた
場合は通学していた期間を実務期間に合算
することが出来ます。

実務経験で注意して頂きたいのですが
10年に3ヵ月満たないけど大丈夫だろう
と考える方が中にはいると思いますが
10年をきっちりと満たしていないと
不許可になりますので注意してください。

ただタイ料理人は〔実務経験5年以上〕
と実務経験が短かくなっています。

実務経験は在職証明書で証明すること
になります。

申請する人の中には在職証明書の偽造
する人もいます。

実務経験については入国管理局はかなり
厳しく調査します。

受け入れ企業は外国人が間違いなく
実務経験10年を満たしているか十分に
注意する必要があります。

≪外国料理専門店である≫

技能ビザの許可を得るためには
〈外国において考案され、わが国におい
て特殊なものについて営業する専門店〉
が対象となります。

日本料理店や居酒屋などでは技能ビザ
では取得できません。

また外国料理店のメニューも単品料理
だけではなくコースメニューがあること
が必要です。

≪座席数が一定規模あるお店であること≫

座席数が2、3席しかない小さなお店は
『技能ビザ』の取得は難しくなります。

基準をクリアするためには座席(椅子)
20~30席程度必要になります。

いかかでしたか。

次回は今回、お伝え出来なかった
ことを後編でお伝えします。

失礼いたします。

Return Top