札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

日本にずっと住みたい!でもどうしたら良い?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本で長い期間生活している
外国人はこれからもずっと日本で
生活したいと思っている外国人も
おられると思います。

そこで日本に在留できる在留資格
として『永住者』という資格が
あります。

外国人は永住許可を受ければ、日本
に永住することが出来ます。
※【永住の意味】=
長く、ある土地に住み着くこと。
死ぬまでその土地に住むこと。

日本は移民などを受け入れる政策を
取っていません。

なので日本以外の国に生活していた
外国人が日本に上陸する際に『永住者』
資格を与えられることはありません。

アメリカのように抽選で永住権を取得
出来る国もありますが日本で『永住者』
資格を取得するためには要件を満たさ
なくてはなりません。

『永住者』の在留資格を取得する為には
日本に入国して相当期間在留してから
法務大臣に永住許可に申請をして取得
します。
※【在留】の意味=ある期間、
ある土地にとどまって住むこと

この相当期間はどの位の期間かというと
10年以上引き続き在留していることが
必要です。

また日本の配偶者等は10年以上在留
していなくても3年~5年ぐらい継続
在留していれば許可を受けられることが
あります。

在留している外国人が『永住者』に
在留資格を変更する場合は
地方入国管理局・支局・出張所に
申請することになります。

『永住者』への資格変更は
・素行が善良であること
・独立の生計を営むに足りる資産又は
 技能を有すること
・申請者の永住が日本の利益になること
が審査されます。

上記の審査基準を見る限り厳しい
基準と言えます。

そして永住許可を受けるメリットとしては
・在留期間の期限がない
・在留活動に制限がない
・配偶者や子供が永住許可の申請した
 場合、基準が簡易になる
・自国の国籍を失わない
などがあります。

要件をみたしていて尚且つ日本で
ずっと生活したいと思っている
外国人の方は『永住者』の在留資格の
取得を考えてみてはいかかでしょうか?

失礼いたします。

Return Top