外国人就労サポート@札幌|無料相談実施中!返金保証あり

外国人就労サポート@札幌

【対応地域】北海道全域  運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

不法残留外国人の出国命令による出国と退去強制による出国はなにが違うの?

こんにちは
行政書士の蛯原です。

出国命令による出国と退去強制に
よる出国はどちらも日本に不法残
留する外国人を日本国外に出国さ
せる制度です。

しかし、出国命令制度は日本から
出国する意思をもって自ら入国管
理局等に出頭した不法残留者で速
やかに日本から出国することが確
実と見込まれる者に対して行われ
るものです。

退去強制とは違い不法残留者を収
容することなく簡単な手続きで出
国させています。

そして、出国命令による出国と退
去強制による出国の一番の違いは
上陸拒否期間になるかと思います。

通常の退去強制で日本を出国した
場合の上陸拒否期間は退去強制さ
れた日から5年です。

しかし、 出国命令により出国し
た者の上陸拒否期間は,出国した
日から1年になります。

出国命令制度は退去強制手続きを
受けて送還された者より上陸拒否
期間を短期期間にすることで不法
残留者の出頭をうながすことを目
的とした制度です。

間違わないで頂きたいのはこの出
国命令制度の対象者は不法残留者
です。

不法入国者や不法上陸者は対象外
です。

その理由は不法残留者は最初は適
法に日本に入国し、その後、違法
な状態になったのに対し、不法入
国者や不法上陸者は日本に不法な
手段で入国、上陸した者ですから
最初から違法な状態での残留です。

不法残留者に比べ悪質性が高い不
法入国者や不法上陸者を簡易手続
きで出国を認めるのは適当ではな
いと入国管理局は考えたようです。

日本に在留している外国人の方々
はくれぐれも出国命令や退去強制
にならないように法律を守って日
本に在留して頂きたいと思います。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top