札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

国際結婚する者です。婚姻手続きで必要な婚姻要件具備証明書とは何ですか?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

国際結婚をする際、手続きする上で様々な
書類が必要になります。

その中の一つに婚姻要件具備証明書という
書類が必要になることがあります。

これはお互いの国において婚姻要件を満た
しているかどうかを証明するためのもので
す。

日本の場合、民法で決められている結婚す
るための婚姻適齢は男性は18歳、女性は16歳
とあります。

しかし、中国の場合は婚姻法により婚姻適齢
は、男性は22歳以上、女性は20歳以上です。

また、韓国では男女とも満18歳以上が婚姻適
齢となっています。

このように、国によって婚姻できる年齢が違
います。

それぞれの国で婚姻要件は法律で決められて
いますので婚姻前に外国人がそもそも婚姻要
件を満たしているかどうかを確認する必要が
あります。

そこで外国人又は日本人が婚姻要件を満たし
ていることを証明した書類である「婚姻要件
具備証明書」が必要になるのです。

外国人がこの婚姻要件具備証明書を取得する
ことが出来るのは「在日大使館」又は「領事館」
になります。

注意して頂きたいのが外国人の婚姻要件具備
証明書の取得方法は国によって違います。

出生証明書や独身証明書を添付するように指
示される国もありますので事前に「在日大使館」
又は「領事館」問い合わせることをお勧めし
ます。

日本人が婚姻要件具備証明書を取得すること
が出来るのは法務局になります。

これも事前に法務局に取得に必要なものを問
い合わせることをお勧めします。

そして、日本人の婚姻要件具備証明書(法務局発行)
を外国人配偶者の母国の役所に提出する場合
は通常、さらに日本の外務省の認証を受けな
ければなりません。

「婚姻要件具備証明書」取得に際は計画的に
行う必要があると思います。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top