札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

事実婚(内縁)の妻を日本に呼びたいのですが?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

事実婚とは、婚姻届の届出をしていない
が事実上、婚姻状態にある男女の関係の
事を言います。

内縁の別の言い方と捉えてよいと思いま
す。

男女が一つ屋根の下で一緒に生活すとい
うことは結婚し夫婦となってから!なん
て時代もあったかと思います。

今は同棲生活を経て結婚する男女もいれ
ばそのまま事実婚を継続する男女もいて
男女共に生活する形も様々です。

2008年度に生まれた子供で婚外子
(法的に婚姻していない男女の間に生ま
れた子供)割合は次になります。

フランス 52.6%
イギリス 43.7%
オランダ 41.2%
アメリカ 40.6%
日本 2.1%

ヨーロッパをはじめとする海外諸国で
はさまざまな結婚制度が導入されてお
りフランスではPACS(パックス)、
スウェーデンにはSambo(サムボ)、
オランダは登録パートナー制度と
外国では日本のような婚姻の形態を取
らなくてもある程度の法的な権利が認
められている制度もあります。

では日本に在留している外国人が事実
婚の妻を日本に呼び寄せ共に生活する
にはどうしたらよいのでしょうか?

法的な夫婦であれば「家族滞在」の在
留資格で妻を呼び寄せ日本で生活でき
ます。

しかし事実婚は外国では法的に認めら
れていても日本で認められている婚姻
で無いので証明することは難しいと思
われます。

なので「家族滞在」の在留資格を取得
することは極めて難しいと思います。

事実婚妻が日本に在留するには「短期
滞在」の在留資格で滞在するか若しく
は大学等で学んだ専門知識や技術を活
かして就労ビザを取得し日本に在留す
ることが考えられます。

婚姻の法的効果や証明などは世界各国
様々な方式や形態がありますが日本の
入管法ではまだまだ対応しきれないの
が現状です。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top