札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

日本の大学に留学している外国人です。卒業後も就職活動したいのですが・・・

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本の大学に留学している外国人の
方々の進路は様々だと思います。

卒業後、大学で学んだことを母国で
活かすために帰国する方。

または卒業後はそのまま日本の企業
に就職する方。

後者の日本の企業に就職する外国人
の方は卒業の1年以上前から就職活
動が始まると思います。

外国人留学生の方は就労ビザの問題
があるので外国人の方の大学での専
攻学科に関連性のある企業に就職す
る必要があります。

専攻学科により生活したい地域に専
攻に関連のある企業数が少ないなど
の問題が生じ就職活動がなかなか上
手く行かないケースもあると思いま
す。

では大学在学中に就職先が見つから
ず卒業後も就職活動したい外国人留
学生はどうすればよいのでしょうか?

大学に留学している外国人の在留資
格は「留学」ですので変更すること
なくそのままの在留資格で在留する
ことはオーバーステイになるためで
きません。

外国人の方が卒業後、就職活動を行
う場合は在留資格を次のように変更
しなければなりません。

在留資格の変更
「留学」⇒「短期滞在」

変更する為には

1.在留資格変更許可申請書
2.写真(4cm×3cm)1枚
3. パスポート
4.在留カードまたは外国人登録証明書
5.卒業証明書
6.経費の支弁方法を証明する書類
7.大学が発行する推薦状 
8.就職活動を行っていることがわかる資料
9.手数料4000円 (収入印紙)

必要になります。

在留資格「留学」を持つ外国人留学生が
就職活動のため卒業後も引き続き日本に
在留を希望する場合、必要な書類を用意
し、在留資格の「特定活動」(在留期間
6ヶ月)へ変更し更に一回まで更新を認
めるられることにより大学卒業後最長
1年間、日本への在留が可能になります。

卒業後、引き続き就職活動を行う外国人
留学生の方、まずは大学に相談してみて
はいかかでしょうか。

当事務所では外国人雇用で重要な
ポイントをわかりやすく解説した
レポートを無料でプレゼントして
います。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top