札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

在留資格認定証明書ってものがあると聞きました。これは何ですか?その1

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本の国籍がない外国人が日本へ入国する際
原則として日本の大使館、領事館等が有効な
パスポート(旅券)に条件に基づいて発行し
たビザ(査証)を記載しそれを持って外国人
は入国することになります。

入国港で入国管理官にパスポートを提示し、
上陸許可の証印を受け晴れて外国人は入国と
なります。

入国するための手続きは大きく分けて二つの
方法があります。

まず一つ目は外国人が在外公館(日本の大使
館や領事館等)に直接、ビザ(査証)を申請
する方法。

二つ目はあらかじめ、「在留資格認定証明書
の申請し法務大臣から交付を受けて在外公館
にビザ(査証)を申請する方法です。

この「在留資格認定証明書」の交付申請は、
外国人本人またはその代理人が行います。

外国人に代わり代理申請できるのは入国管理
局申請取次の資格を取得している行政書士ま
たは弁護士になります。

申請先は外国人を受け入れようとする会社の
所在地またはその外国人の親族等の代理人の
住居地を管轄する地方入国管理局、支局、出
張所に対して申請することになります。

「在留資格認定証明書」の交付を受けた外国人
はこれを在外公館に提示すれば速やかにビザ
(査証)が発給され、日本の上陸審査の際に
証明書を提示すれば容易に上陸許可を受ける
ことができます。

なお「短期滞在」については証明書の交付はさ
れません。

それでは失礼いたします。

Return Top