札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

教育関連のビザは「教育」、「教授」、「技術・人文知識・国際業務」がありますが・・・

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

現在、多くの外国人の方が教育機関で
色々なことを教えています。

大学、高校、中学、小学校または民間
の語学スクールと専門知識を教えたり
語学を教えたりと多岐に渡ります。

外国人が教えるためには就労ビザの取得
が必要になります。

また就労ビザはどの教育機関で教えるか
で変わります。

《大学等で教える場合》

大学で教授、助教授、講師として
教える場合は「教授ビザ」を取得
することになります。

「教授ビザ」は常勤、非常勤どち
らでも取得可能ですが、非常勤の
場合は大学との契約内容や収入の
安定性など証明しなければなりま
せんので取得に必要な書類が常勤
に比べて多くなります。

「教授ビザ」を取得するためには
勤務先が大学、大学に準ずる機関
または高等専門学校になります。

この勤務先で研究、研究指導また
は教育をすることが活動内容であ
ることがビザを取得するためには
必要です。

《高校、中学、小学校で教える場合》

日本の高校、中学、小学校で教える
場合は「教育ビザ」を取得すること
になります。

ただ、外国人の講師が教えるのは語学
になります。

民間の英会話スクールでも語学は教
えていますがそこで語学を教えてい
る外国人の講師が取得するビザは
「技術・人文知識・国際業務ビザ」
となります。

教育に関わる外国人が取得するビザ
には「教授」「教育」「技術・人文
知識・国際業務」の3つの就労ビザ
がありますので取得時はしっかりと
判断しなければなりません。

それでは失礼致します。

Return Top