札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

子供が生まれました。日本で子供を育てることは・・・ その1

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本人の父親、母親の間に生まれた子供は
当然、日本国籍を有しています。

子供が生まれた場合、出生届けや健康保険
の加入、児童手当ての申請などの手続きを
行うと思います。

では日本で出生した子供で、日本国籍を
有しない子供の手続きはどうすればよい
のでしょうか?

《手続き》

・出生した日から14日以内に所在地の
市区町村の長(市なら市長、町なら町長)
に出生の届出をします。

届出には医師・助産師などの出生証明書が
必要です。

外国人については日本の戸籍ができる訳で
はありませんが外国人も出生を届け出る
必要があります。

・父親または母親の国の駐日大使館または
領事館に出生の届出を行い、旅券を発給し
てもらいます。

・出生した日から30日以内に地方入国管
理局、支局、出張所に在留資格取得申請を
行います。

ただし、子供が出生した日から60日以内
に日本から出国する場合は在留資格取得の
申請を行う必要はありません。

60日以内であれば適法な在留と認められ
問題はありませんが60日を過ぎてしまう
と違法な在留になりますので注意が必要で
す。

《在留資格申請に必要な書類》

・在留資格取得許可申請書 1通
・出生したことを証明する書類
(医師また助産師の出生証明書等)
・父親と母親の旅券(パスポート)
・父親と母親の在留カード

次回は出生した子供が在留資格を
取得した後のことをお伝えしたい
と思います。

それでは失礼致します。

Return Top