札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

同じ職場で働いている外国人が一時帰国するらしいです。何か手続きが必要ですか? 前編

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

「技術・人文知識・国際業務」の
ビザを取得して活動している外国人
の方が母国で何か用事ができて一時
帰国する場合。

「留学」のビザで日本に滞在してい
る留学生が正月、家族と過ごすため
一時帰国する場合。

または

「投資・経営」のビザで活動してい
る外国人が海外での商談を行うため
一時出国する場合。

など出国理由は個々の外国人によ
って様々です。

外国人には出国の自由が保障され
ています。

日本から出国する場合、入国審査
官から出国の確認を受ければ出国
することができます。

外国人の方が日本から出国してし
まうと今まで与えられていた在留
資格は出国と同時に失うことにな
ります。

しかし、一時帰国で出国した外国人
の方は再度、日本に戻り活動しなけ
ればなりません。

失ったビザを再び取得するには手間
や時間がかかりますし、再度、取得
できる保証もありません。

この問題を解決するためには外国人
の方は出国する前に「再入国許可
を取得する必要があります。

再入国許可を取得した場合は今までと
同じ在留目的で再度、入国する時は、
再度ビザを取得する必要がありません。

外国人の方は出国する前の在留資格と
在留期間(出国中も在留期間は進行し
ます)で引き続き活動、滞在すること
ができます。

これが再入国許可制度です。

次回は再入国許可の申請手続きと許可
についてお伝えします。

それでは失礼致します。

Return Top