札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

在留取り消し制度って何ですか? 後編

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

今回はどのような外国人が在留取り消し
の対象となるのかお伝えします。

1、本来、入国を拒否される事由があるにも
関わらず、偽りや不正な手段によって入国を
許可された外国人

2、在留許可申請の際、偽りや不正な手段に
より在留目的等を偽って許可を受けた外国人

3、上記、1と2を除き偽りや不正な手段に
よって入国または在留許可を受けた外国人

4、上記1、2、3に該当する外国人の他に
事実にない記載のある文章や図面を提出、提示
して入国または在留許可を受けた外国人

5、偽りや不正な手段によって在留特別許可
または難民認定の在留資格許可を受けた外国人

6、適法に入国または在留資格許可を受けて
日本に滞在する外国人で正当な理由なく在留
資格の活動を継続して3ヵ月以上行わず滞在
している場合

7、「日本人配偶者等」、「永住者の配偶者」
の在留資格で滞在する外国人が、配偶者として
の活動を正当な理由なく、継続して6ヵ月以上
行わず滞在している場合

8、入国または在留許可を受け、新たに中長期
在留者となった外国人で90日以内に、法務
大臣に住居地の届出をしない場合

9、中長期在留の外国人が転居した場合、90
日以内に、法務大臣に新住居地の届出をしない
場合

10、中長期在留の外国人が法務大臣に嘘の
住居地を届け出た場合

※8及び9の届出は14日以内にしなければな
りません。

これを怠り90日を経過した場合は在留資格が
取り消されることになります。

それでは失礼致します。

Return Top