札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

帰化には3種類あるみたいですがそれぞれなにが違うのですか? その3

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

今回は大帰化の要件についてお伝えしたい
と思います。

国籍法の第9条に
『日本に特別の功労のある外国人について
は、法務大臣は、第五条第一項の規定にか
かわらず、国会の承認を得て、その帰化を
許可することができる』とあります。

大帰化は「日本に特別の功労がある外国人」
に帰化を許可するものです。

因みに今までに大帰化を認められた外国人
はいません。

「日本に特別の功労」ここがやはりネック
になっていると思います。

特別な功労は何をもって功労とするのか?
判断基準がありません。

何年か前に国籍が異なるペアはオリンピック
に出場できないとの理由からフィギアスケート
の世界選手権で銅メダルを取得した日本人と
ペアを組んでいた外国人を大帰化によって帰化
を認め次期開催されるオリンピックに出場させ
ようという動きがありました。

結局は帰化を許可することはありませんでし
たがこの動きは特別な功労というよりは金メ
ダルを取るというこれからの功労を狙ったも
のに思います。

大帰化の趣旨からは離れている感じがします。

大帰化の要件を考えますと大帰化を認められ
る外国人はこれから出てくることはないよう
に思われます。

それでは失礼致します。

Return Top