札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

帰化には3種類あるみたいですがそれぞれなにが違うのですか? その1

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

帰化には3種類あります。

『普通帰化』『簡易帰化』『大帰化』

もの3種類は国籍法という
法律で定められているもの
です。

それぞれの帰化には要件が
あり個々の外国人に該当す
る帰化で申請することにな
ります。

今回は『普通帰化』につい
についてお伝えしたいと思
います。

まず『普通帰化』に該当す
外国人は日本以外の国に生
まれ、来日し日本で活動し
ている外国人です。

『普通帰化』には7つの
要件があります。

《1、住居要件》

「引き続き5年以上日本に
住居を有していること」です。

この引き続き5年つまり継続
していることが重要です。

また1回の出国が3ヶ月以上
の場合、引き続きが認められ
ない可能性があります。

例えば

3年(日本)

4ヶ月(日本以外の国)

2年(日本)

の場合、中断されたとみなされ
リセットされる可能性があります。

3年(日本)ここがリセットされる

4ヶ月(日本以外の国)

2年(日本)

また1回の出国が3ヶ月未満でも
1年で短期出国を合計120日以上
(あくまでも目安です)ある場合も
引き続きが認められない可能性があ
りますので注意が必要です。

《2、能力要件》

帰化するには20歳以上であること
が必要です。

ただし未成年の子が両親と一緒に
帰化する場合は20歳未満でも
大丈夫です。

残りの要件は次回お伝え致します。

それでは失礼致します。

Return Top