札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

日本で働いている外国人です。家族を日本に呼びたいですがどうしたら良いですが? 前編

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

外国人の方が日本で就労ビザを
取得し活動しているた場合、家族
と一緒に日本で生活するにはどう
したら良いかお伝えしたいと思い
ます。

日本で働いている外国人は就労ビザ
で日本に在留している訳ですが家族
を日本に呼び寄せ一緒に生活するた
めには家族もビザが必要となります。

そこで家族として日本に滞在する
場合には『家族滞在』の在留資格
で日本に在留することができます。

≪家族滞在を付与される条件≫

全ての在留資格に『家族滞在』が
適用される訳ではありません。

適用される在留資格は次の在留
資格になります。

『教授』『芸術』『宗教』『報道』
『投資・経営』『法律・会計業務』
『研究』『教育』『医療』『文化活動』
『技術・人文知識・国際業務』『技能』
『企業内転勤』『興行』『留学』

※『留学』の在留資格でも一部、
  適用除外があります。

上記、在留資格で在留する者の
扶養を受ける配偶者または子
『家族滞在』の在留資格が付与
されます。

適用されない在留資格は次の在留
資格になります。

『技能実習』『短期滞在』『研修』

扶養する配偶者は夫または妻どちら
でも構いません。

また子は実子に限らず養子も含み
年齢は問いません。

注意して頂きたいのは養子縁組し
ていない夫OR妻の連れ子は扶養し
ていても『家族滞在』の適用は受
けられません。

配偶者も子も扶養家族として在留
することが必要ですので扶養は必
ず受けなければなりません。

それでは失礼致します。

Return Top