札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

留学生の友達がアルバイトしたいらしいです。どうしたら良いですか?

こんにちは。
行政書士の蛯原です。

日本にはたくさんの外国人留学生が
日々勉学に励んでいます。

外国人の方は勉強するために日本
に来ている訳ですから就労ビザを
取得して在留している外国人とは
在留目的が違います。

留学で日本に来ている外国人の方
は『留学』の在留資格で在留して
います。

日本に在留する外国人はその外国人
に付与された在留資格で在留しなけ
ればなりません。

『留学』の在留資格は報酬を受ける
活動などは許容されていませんから
報酬を受ける活動は行うことはでき
ません。

しかし学費や食費そして友達と遊び
に行ったりと生活には何かとお金が
かかります。

財力は留学生の置かれている家庭環境
で様々ですが十二分のあるという留学生
は稀ではないでしょうか。

そこで出入国管理及び難民認定法では
臨時的に収入を得る活動をすべてを禁止
することはせず資格外活動許可制度を定
めています。

≪資格外活動許可≫

留学生が報酬を受ける活動(以下アルバイト)
するためには資格外活動の許可を受ける必要
があります。

この資格外活動許可を取得すれば週28
時間以内でアルバイトすることが出来ます。

また長期間の休暇中(夏休みなど)は週40
時間以内でアルバイトをすることが出来ます。

留学生の方に十分に注意して頂たいのは時間
上限を超えないという事です。

ビザの更新申請や学校卒業後、就職するために
就労ビザへの変更申請が不許可になることもあ
りますので注意が必要です。

許可の手数料は無料です。

また留学生に限り上陸許可時に資格外活動許可
申請を行うことができます。

必要だと思う留学生は申請して下さい。

それでは失礼いたします。

Return Top