札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

『技術・人文知識・国際業務』のビザ取得で大学卒業と専門学校卒業では何が違う?

こんにちは
行政書士の蛯原です。

外国人が日本企業で働く際、就労ビザの取得が必要
ですが、働く多くの外国人が該当するビザ(在留資
格)が『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留
資格)になります。

この『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留資
格)は大学院、大学、短大、専門学校などの卒業者
又は一定年数以上の実務を経験している外国人が取
得できるビザ(在留資格)です。

大学等の学業は大きく分けて理系、文系に分けられ
ると思います。

『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留資格)
も理系、文系に分けることができ、「技術」が理系
「人文知識・国際業務」が文系になります。

就労ビザ取得の際はまず、大学等を卒業した外国人
が大学で専攻した学科が理系なのか?それとも文系
なのか?を判断することになります。

『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留資格)
は大学を卒業した外国人又は専門学校を卒業した外
国人も取得が可能なのですが取得要件や取得の際の
審査に違いがあるのでしょうか?

1、大学卒業とは?

大学卒業とは学士又は短期大学以上の教育を受けた
者をいいます。

『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留資格)
取得の際の審査要領には「大学を卒業し又はこれと
同等以上の教育を受け」た者も該当するとあるので
大学院卒業も勿論、取得が可能です。

日本にある教育機関以外の教育機関を卒業した場合の注意点

日本の大学等に留学し卒業後、就職の為『技術・人
文知識・国際業務』のビザ(在留資格)を取得する
場合は問題ないですが、外国人の母国の高等教育機
関を卒業後、日本企業へ就職、または母国の高等教
育機関を卒業後、日本の日本語学校へ留学し、修了
後、日本企業へ就職の為、ビザ取得する場合は注意
が必要です。

なぜなら、『技術・人文知識・国際業務』のビザ
(在留資格)取得の為には「大学を卒業し又はこれ
と同等以上の教育を受け」た者であることが必要で
すが、この基準を母国で卒業した高等教育機関が満
たしているか?ということです。

海外の高等教育機関を卒業した外国人はビザ申請前
に自身の卒業した教育機関の位置付け(日本でいう
どの教育機関に該当するのか?)を確認する必要が
あります。

2、専修(専門)学校卒業とは?

専門学校を卒業すると「専門士」及び「高度専門士」
の称号が与えられます。

この「専門士」及び「高度専門士」の称号を取得し
た者は『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留
資格)取得が可能です。

しかし、先ほどの大学卒業の場合でご説明した内容
と同様に外国人の母国の専門学校を卒業した場合は
注意が必要です。

ビザ申請の際は外国人が卒業した専門学校がビザを
取得できる教育機関に該当することを申請者である
外国人本人が立証しなければなりません。

卒業証明書、教育課程、修業年数、授与された学位
卒業論文が制度があれば論文など、書面により入国
管理局に説明し、外国人が高等教育機関と評価でき
る機関を卒業したと管理局に認めてもらうことが必
要です。

3、ビザ取得の際の大学卒業者と専門学校卒業との違いは?

『技術・人文知識・国際業務』のビザ(在留資格)
の「国際業務」で翻訳・通訳の業務で外国人を雇用
したい場合、大学を卒業した外国人は大学での専攻
学科に関係なく、また実務経験の必要もなくビザ取
得が可能です。

しかし、専門学校を卒業した外国人が翻訳・通訳の
業務で就労する場合、ビザ取得には専門学校で専攻
した学科、勉強した内容と翻訳・通訳の業務に関連
性が必要です。

もし、翻訳・通訳業務が専門学校で専攻した学科と
関連性がなければ実務経験が必要になります。

実務経験の証明には在職証明書や退職証明書が必要
になります。

あなたの会社でも翻訳・通訳業務を任せられる外国
人を雇用したいと思っている場合はビザ取得に際、
気をつけなければならない点です。

当事務所では外国人雇用で重要なポイントをわかり
やすく解説したレポートを無料でプレゼントしてい
ます。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top