札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

在留資格「定住者」について解説します!

こんにちは
行政書士の蛯原です。

今回は「定住者」の在留資格についてお伝え
したいと思います。

1、「定住者」とはどんな在留資格?

「定住者」の在留資格は他の在留資格と異な
り外国人の置かれている特別な状況や理由を
考慮して日本への在留を認めるものです。

「定住者」の在留資格は活動制限がありませ
ん。

ですので外国人の学歴や実務経験など関係な
く就労することができます。

ただ「定住者」は「永住者」とは異なり期限
なく日本に在留できる訳ではありません。

在留期間が決まられていますので、在留期限
が近づいてきたら、在留期間の更新をしなけ
ればなりません。

更新をせずに日本に在留するとオーバーステ
イになりますので注意が必要です。

「定住者」の在留資格認定申請や在留資格変
更申請は外国人が住所を有しようとする又は
有する地域を管轄する入国管理局へ提出する
ことになります。

そして、入国審査官はこれらの交付又は不交
付の決定を行うのですが入国審査官は『法務
大臣』が「定住者」告示をもって予め定める
地位を有する者としての活動を行おうとする
外国人に限られます。

簡単に言うと、あらかじめこの外国人は「定
住者」に該当するとアナウンスされていると
いうことです。

ただ、当然すべての「定住者」の在留資格を
取得した外国人がこの告示されているケース
に該当する訳ではありません。

告示されているケースに該当しないからと言
って「定住者」の在留資格が取得できな訳で
はありません。

外国人の置かれている状況や人道上の問題、
事情などを検討し法務大臣の裁量により「定
住者」に該当するのかどうかを判断すること
になります。

2、「定住者」の告示内容

『法務大臣』があらかじめ定住者に該当しま
すよと告示しているのが以下になります。

定住者告示 1号

タイ国内において一時的に庇護されている、
ミャンマー難民であって、国際連合難民高等
弁務官事務所が国際的な保護の必要な者と認
め、我が国に対してその保護を推薦するこの
の内、次のいずれかに該当する者に係るもの

イ 日本社会への適応能力がある者であって
生活を営むに足りる職に就く事が見込まれる
もの及びその配偶者又は子

ロ イに係る地位を有する者として上陸の許
可を受けて上陸しその後、引き続き本邦に在
留する者の親族であって、親族間での相互扶
助が可能である者

定住者告示 2号

マレーシア国内において一時滞在している、
ミャンマー難民であって、国際連合難民高等
弁務官事務所が国際的な保護の必要な者と認
め、我が国に対してその保護を推薦するこの
の内、前号イに該当する者に係るもの

定住者告示 3号

日本人の子として出生した者の実子であって
素行が善良であるものに係るもの

定住者告示 4号

日本人の子として出生した者でかつて日本国
民として本邦に本籍を有したことがあるもの
の実子の実子であって素行が善良であるもの
に係るもの

定住者告示 5号

次のいずれかに該当する者に係る者

イ 日本人の配偶者等の在留資格をもって在
留する者で日本人の子として出生したものの
配偶者

ロ 1年以上の在留資格を指定されている定
住者の配偶者

ハ 3号又は前号に掲げる地位を有する者と
して上陸許可、在留資格の変更許可又は在留
資格取得許可を受けた者で1年以上の在留期間
を指定されている定住者の在留資格をもって
在留しているものの配偶者であって素行が善
良なもの

定住者告示 6号

次のいずれかに該当する者に係る者

イ 日本人、永住者の在留資格を持って在留
する者又は日本国との平和条約に基づき日本
の国籍を離脱した者等の出入国管理に関する
特例法の扶養を受けて生活するこれらの者の
未成年で未婚の実子

ロ 1年以上の在留期間を指定されている定
住者の在留資格をもって在留する者の扶養受
けて生活する当該者の未成年で未婚の実子

ハ 3号、4号又は前号ハに掲げる地位を有す
る者として上陸許可、在留資格の変更の許可
又は在留資格の取得を受けた者で1年以上の
在留期間を指定されている定住者の在留資格
をもって在留するものの扶養を受けて生活す
るこれらの者の未成年で未婚の実子であって
素行が善良であるもの

二 日本人、永住者の在留資格をもって在留
する者、特別永住者又は1年以上の在留資格を
指定されている定住者の在留資格をもって在
留する者の配偶者で日本人の配偶者等又は永
住者の配偶者等の在留資格をもって在留する
ものの扶養を受けて生活するこれらの者の未
成年で未婚の実子

定住者告示 7号

次のいずれかに該当する者の扶養を受けて生
活するこれらの者の6歳未満の養子に係るもの

イ 日本人
ロ 永住者の在留資格をもって在留する者
ハ 1年以上の在留期間を指定されている定住
  者の在留資格をもって在留するもの
二 特別永住者

定住者告示 8号

この8号は中国残留邦人関係に係るものですの
で割愛させて頂きます。

上記、告示にないものは告知外での「定住者」
になります。

3、外国人、個々の状況での判断が違う

外国人の現在までの在留状況や素行によって
様々なケースがあると思います。

「定住者」の在留資格申請に当たり、自身で
は判断が付きにくい場合もあると思います。

ご自身で判断が出来ない場合や判断が難しい
場合は、まずは外国人業務の専門家に相談す
ることをお勧め致します。

当事務所では外国人雇用で重要なポイント
をわかりやすく解説したレポートを無料で
プレゼントしています。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top