札幌でビザを申請するなら 行政書士蛯原友浩法務事務所へ 外国人ビザ申請サポート@札幌

外国人ビザ申請サポート@札幌

【対応地域】札幌市 旭川市 函館市 運営:行政書士蛯原友浩法務事務所

011-213-9622

電話受付時間 : 平日9:00〜18:00 休業日:土日祝日(事前に連絡を頂ければ対応可)

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら

インターンシップで外国人大学生を招聘するには?

こんにちは
行政書士の蛯原です。

今回は「インターンシップ」で外国人大学生の
招聘についてお伝えしたいと思います。

1、インターンシップとは?

そもそも「インターンシップ」って何?という
方もおられると思います。

「インターンシップ」とは学生が一定期間企業
などの中で研修生として働き、自分の将来に関
連のある就業体験を行える制度です。

日本においては大学本科生では3年次の夏・春
の長期休暇中に行く事がほとんどで3年秋から
本格化する就職活動に先駆けて就業体験を積む
ことで就職活動本番でのミスマッチを防ぐ目的
もある。(インターンシップ – Wikipedia)

特にこの制度は日本で将来で働きたいと思って
いる外国人大学生にはとても良い経験になるの
ではないでしょうか。

2、「インターンシップ」のメリットとは?

就職前に日本企業や仕事内容が十分に理解できる

希望の会社に就職そして、職種に就業したが想
像していたものと違うなんてことを経験したこ
とはないでしょうか?

増してや日本企業と海外企業では仕事の進め方
や会社の雰囲気など違うものです。

外国人大学生も仮に日本企業への就職が決まり
いきなり日本に来て就業するよりは「インター
シップ」を活用し日本企業での研修を経験した
後、来日、就業した方が外国人にとってストレ
スなく働くことができるのではないでしょうか。

日本での生活を経験できる。

旅行で日本を訪れたことがある外国人でも日本
で生活するとなると勝手が違います。

言葉の問題もそうですが、日本の食事や日本で
生活する上でのルールなどは実際に経験するこ
とは外国人にとって将来の日本の生活不安を払
拭できるのではないでしょうか。

外国人と働く経験ができる。

受け入れる会社側にも当然「インターンシップ」
で外国人大学生を受け入れることで得られるメ
リットはあります。

少子高齢化による労働者不足対策として外国人
を雇用したと思っている会社でもいきなり雇用
することは社長そして社員も不安に感じると思
います。

そんな会社が外国人雇用のファーストステップ
として「インターンシップ」を使用し外国人と
共に働く経験は今後の本格的に外国人雇用する
時の問題点や課題が把握できます。

会社にとって良い経験になると思われます。

3、インターンシップに該当する在留資格は?

「インターンシップ」で外国人を招聘する場合
外国人が取得する在留資格は「特定活動」にな
ります。

この「特定活動」の在留資格は在留資格決定の
判断基準となる活動を行おうとする外国人に対
し、上陸又は在留許可を与えられます。

「特定活動」の在留資格の該当性は入管法と言
う法律において『法務大臣が個々の外国人につ
いて特に指定する活動』と規定されています。

「インターンシップ」での研修中、報酬が発生
する場合と発生しない場合があります。

「報酬」とはインターンシップの活動を行う外
国人学生に対して就労の対価として受け入れ会
社から支払われる金銭です。

時間給や日数単価に勤務日数を乗じた金額が支
払われますが、報酬額についてはインターンシ
ップの目的に則り制限は設けられていないよう
です。

4、在留資格申請で注意する点は?

インターンシップの研修内容と大学での専攻学科の関連性

昨今、日本に労働者不足に伴いこの「インター
ンシップ」制度が安価な労働者獲得として悪用
されるケースがあります。

その為、「報酬」が発生する場合はインターン
シップの研修内容と学生の専攻学科との関連性
が審査されます。

私の経験上、初めて「インターンシップ」で外
国人学生を受け入れる会社には入国管理局から
電話で、どうして今回外国人学生を受け入れる
のか?また、研修内容と学生の専攻学科との関
連性などで聞かれるようです。

「報酬」が発生しない場合はインターンシップ
の研修内容と学生の専攻学科との関連性の必要
はないようです。

「インターンシップ」活動で外国大学の単位が取得できること

「インターンシップ」活動によって、外国人学
生が大学の単位を取得できなければなりません。

申請の際は外国大学が単位を与えるという証明
書の提出が必要です。

5、在留資格申請に必要な資料

申請の際に必要な書類、資料をお伝えします。

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉

3 申請人の在学証明書 1通

4 申請人が在籍する外国の大学と日本の受け入れ機関との
間で交わしたインターンシップに係る契約書の写し 1通

5 申請人が在籍する外国の大学からの承認書,推薦状及び
単位取得等教育課程の一部として実施されることを証明する資料 適宜

6 申請人の日本での活動内容,期間,報酬等の待遇を記載
した資料 1通

7 申請人のインターンシップでの過去の在留歴を明らかにする資料 適宜
※過去にインターンシップで日本に在留したことがない場合は,
その旨を文書(書式自由)にして提出。

8申請人の在籍する大学の修業年限を明らかにする資料 適宜

当事務所では外国人雇用で重要なポイント
をわかりやすく解説したレポートを無料で
プレゼントしています。

レポートが欲しい!という方は
↓コチラ↓からご請求ください。
レポート請求はこちらから

それでは失礼いたします。

Return Top